Quooll

格安で英語を学ぶならフィリピン・マニラ留学がオススメ

必見!フィリピン留学の学校選びの鉄則

約 4 分

フィリピン留学のピークシーズンと言えば、2~3月の春休みも一気に生徒数が増える時期です。
もうそろそろどこの学校に留学しようかと、ワクワクしながら学校選びに夢中になってる人もいると思います。
でも、留学経験のない人には、どうやってたくさんある学校の中から選んでいいかわからないかもしれません。
そこで、留学経験はたっぷりあるオイラが学校選びの鉄則を伝授します。
但し、これはあくまでオイラの留学経験に基づくものであり、
信じるも信じないもあなたの自由で自己責任です。
また、世の中には色んな異なる意見を持っている方もいるでしょうし、
どのような意見を持とうが自由。
オイラもどんな意見を持とうが自由であります。
なので、クレームは一切受け付けません。
貴様の学校選びの鉄則を参考にしたら大失敗したとか言われても困ります(笑)
参考にするも自由、参考にしないのも自由。
全て自己責任でお願いします。

まずは、過去の記事でも少し触れたものを書いときます。
①食事
フィリピン料理を毎日食べるのはキツイです。
学校のホームページやSNS等でどのような料理が提供されているか確認して、
フィリピン料理なら避けた方が無難です。
但し、1週間程度の短期留学ならあまり重視する必要はないと思います。
それと、食えりゃ何でもいいとか、とにかく価格重視という人は無視してもらって結構です。
韓国資本の学校は、韓国人生徒の口に合う料理が提供されることを覚悟すべきでしょう。
真面目に勉強したい人は、毎日3食付く学校が必須条件です。
外食は、時間もお金も労力も費やします。

②ブログやSNS
候補を絞り込んだら、その学校のブログやSNSの更新頻度をよくチェックしてください。
立ち上げ当初は頻繁に更新してたが、更新頻度がどんどん下がってたり、
最悪なのは長期間放置されてたりします。
こういう学校は大抵マネージメントがデタラメだったりします。
一度スタートしたものをコツコツ継続できない人、要するに、根気がない怠け体質が染みついてる人が学校を運営しているわけです。
ダメな人が運営=ダメな学校というのは、確率的には相当高い。
ブログの内容も、時間をかけて書いてるものと、手抜き更新は一目瞭然でわかります。
どれだけ学校経営に本気で取り組んでいるかが、ブログを通して伝わってきたりしますので参考に。
必ずしも毎日更新=良い学校とは言い切れませんが、更新頻度が高い学校を選ぶ方が無難です。

↑ここまでは、過去記事でも触れた内容のおさらいです。
以後はこれまでに触れたことがない内容になります。

③洗濯
A:学校が全部やってくれたり、B:自分で洗濯屋に持ち込んだり、C:寮に洗濯機があって自分でしたりと、
学校によって様々なタイプがある。
オイラは、洗濯なんぞにムダな時間とと労力をかけないで済むようにするAを勧める。
これも、無料だったり有料だったりと学校ごとにシステムが異なるけど、
有料でも大した金額ではないので気にすることはないと思う。

④施設
これは、特にこだわる必要はないと思います。
少なくとも、オイラは全然気にすることなく申し込んでました。
特に、格安校を選ぶ人には関係ないです。
格安校にプールやジムなんてあるわけないですから(笑)
但し、お金に余裕がある人で、高価格帯の学校を選ぶ人は要注意。
価格に相応しい施設かどうかはよく考えたほうがいいでしょう。
オイラも結構高い部類の学校を選んだことがあって、
現地に行くとショボすぎる学校だったことがあった。
ホテルプランとして高い料金設定しながら、
現地に着いて安ホテルだったりしたら最悪です。
宿泊先ホテル名を公開している場合は、アゴダでよく調べた方がいいです。
プールやジムが欲しいという人は、マンモス校を選ぶのがいいかも。
大規模校は、大抵プールやジムが完備されていて、料金もそこそこリーズナブル。
学校名がQで始まるセブの学校がいいかもしれませんね。
え、理由?

え~と、Qで始まる学校に悪い学校はないと勝手に思い込んでるから(笑)
例えば・・・

 

 

 

 

 

 

 

Qで始まる学校名ですが、何か?

つまらんオチで申し訳ない。
これ読んだ人はこう思ったに違いないだろう。









長くなりそうなので、今日はこの辺で。
では、また。

これ読んで、面白かったとか参考になったって人はクリックをよろしくお願いします。クリック数を参考に記事を書きます。
    にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ
フィリピンランキング   にほんブログ村