格安フィリピン留学Quooll

フィリピン留学は講師の質が良いマニラ留学がオススメ

ウソだらけのフィリピン留学①~食事編~

約 5 分

Subscribe / Share

これまでに数々の語学スクールを渡り歩いてきました。
何故たくさんのスクールを渡り歩いたかと言うと・・・

全然語学力が伸びなかったから。

上達するなら他校へ行く必要はないわけで、
授業を受けていてその効果がイマイチだと感じれば、
また次の学校を探さざるを得ない。

つまり、オイラはたくさんのお金をドブに捨てたも同然。
高い授業料を払ってそれに見合う効果がなかったわけですからね。

多くの語学スクールの中で、
本当に心の底から良かったと思えた学校は、
バンコクで一番最初に通ったタイ語学校。
英語学校に関して言えば、
バンコクでも通ったし、フィリピン留学も何度かしたけど、
大満足って感じの学校は1校もなし。
そこそこは満足ってぐらいの学校は1校。
『金返せ!』って言いたくなった学校が複数ある(笑)
まあ、実際には心の中でそう叫ぶだけで、
決して口には出しませんでしたが・・・
オトナですので。

さて、今回のタイトルである『ウソだらけのフィリピン留学』ですが、
シリーズ化するつもりなので①をつけてます。
初回は、食事をテーマに書こうかと思います。

フィリピンは食事がまずいランキングで上位

とある調査では、フィリピンは世界の食事がまずいランキングで、
堂々のトップテン入りを果たす快挙(?)を果たしたらしい。
まずは、この事実を知っておこう。
ちなみに、栄光の第一位はイギリスです。
世界には色んな料理があるが、
フィリピン料理はそんなに美味しい料理ではない。
決してフィリピン料理に期待して留学するのはやめておこう。

フィリピン留学中の不味い食事で体重が激減

かなり以前の話です。
初めてのフィリピン留学での思い出は・・・

カップラーメンを頻繁に食べていたことが浮かぶ。
とにかく食事が不味かった。
基本的に毎日フィリピン料理。
その頃は、フィリピンが食事がおいしくない国ランキングで上位にランクされてるなんて知りもしなかった。
当然ながら、生徒からクレームもあったはずで、
時々日本食を出そうとしてました。
こういう場合はカレーが定番。
これがまた酷かった。
一見して、明らかに水加減を間違えましたって感じのお粗末なカレーがそこにあった。
まあ、ろくに料理もしたことがないオッサンがフィリピン人に日本食を指導するなんて不可能なんでしょうね。
そんな学校に2ヶ月ちょっと滞在した結果、

体重が6キロも減った ( ;∀;)

その日の料理をチラッと見ただけで、
食欲がなくなることもあった何度かあった。

ネットで『フィリピン留学 食事』とか検索すると、
たくさんネガティブな情報があるので、
こんな風な学校もフィリピンに多いのでしょう。

フィリピン留学・学校のホームページでの記載内容は・・・

但し、毎日のようにマズイ食事を生徒に提供している学校が、
大抵各学校のホームページやSNSでは、
『日本人の口に合うように味つけされた美味しい食事』的なことが書かれているのが定番。
当校の食事は激マズで~す!なんてアピールしてる学校は見たことないね。
美味しいってアピールするなら、
それ相応のものを提供しなきゃダメでしょ。
ある意味詐欺みたいなもんです。
ホームページに掲載するのは、
たまたま綺麗に撮れた美味しそうな写真だけ載せて、
明らかに水加減間違えましたって感じの酷いカレーの写真なんて、
この世に存在しないかの如く隠蔽。
毎日おいしい食事で極稀に失敗してマズイ食事っていうのならそれでいいと思うが、
全く逆なんだよね。
基本的に毎日美味しくなくて、
時々それなりに美味しい食事が出されるんだよね。
こういうのホント嫌い。
マトモな食事を提供しないなら、
せめてホームページから“おいしい”って言葉は消せと言いたい。
だって、美味しいって書いてたら、
まあ一応それなりの食事を期待しちゃうでしょ。
もちろん、レストランじゃないから過度な期待してはいけないのは当然なんだけど、
最低限のラインはキープしてくれてる思ったよ。
ウソは絶対ダメです。

初めてのフィリピン留学で体重を激減させられた激マズ学校が・・・

さて、この記事を書く前に、
頼んでもいないの6キロもダイエットさせてくれた学校のホームページを久々にチェックしてみた。
もちろん、もう何年も経ってるので、
完全にリニューアルされてます。
但し、目を疑うような驚きの言葉があった。
そのまま原文書いてしまうと、
どこの学校か特定されるので書けませんが、
他校の食事は酷いって感じの趣旨で書いてて唖然とした。

 

思わず…
↓スクロール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と言いたくなった。

まとめ

あんまりフィリピン留学をdisるような書くのはどうかと思ったけど、
全部実話だし、これからフィリピン留学がもっとメジャーになっていくには、
とにかく全体的にクオリティを高めていく必要があると思い、あえて書いた。
なので、反面教師としてQuoollの食事には徹底的にこだわっていこうと思う。
まあ、料理は得意なんで心配してないけど、
フィリピンではクオリティの維持が難しいだろう。
オイラが自分でキッチンに立てる限りは大丈夫でも、
フィリピン人任せにすると味がどんどん変わっていきそうで・・・
それが課題だろうね。
勝手にアレンジしてしてしまうからね、フィリピン人は。

では、また。

続きはコチラ:

ウソだらけのフィリピン留学②

ポチッとよろしく。
      にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ              

Comment On Facebook