格安フィリピン留学Quooll

フィリピン留学は講師の質が良いマニラ留学がオススメ

フィリピン留学劇的ビフォーアフター~待遇大幅アップ~

約 5 分

Subscribe / Share

フィリピン留学の劇的ビフォーアフターと言えば・・・

TOEICスコアがお約束。

マンツーマンで毎日レッスン受けてたらTOEICスコアぐらい伸びます。
伸びて当たり前。
初心者が3ヶ月真面目に英語を学習すれば・・・

大抵300点以上はスコアアップする。

これが200点ぐらいしかアップしていなかったら・・・

留学はあまり成功したとは言えないだろう。

で、ビフォーアフターでTOEICスコアがアップするのはいいが、
それが一体何に繋がるんだというお話です。
スコアがアップして悦に浸ってるだけなら意味がない。
結局のところ、具体的な何かメリットがないとダメですよね。
収入がアップしたりとか。

そんなわけで、フィリピン留学したオイラの劇的ビフォーアフターについて書きます。

フィリピン留学前

タイ語学校で読み書きまで習った後に現地で就職した。
給料は大体20万円ぐらいだった。
物価が日本より大幅に安いタイなので、
普通には暮らしていけるけど、
年齢からすればちょっと物足りなかった。
それに・・・

毎日深夜まで接待やらで遅くなり、
週末も接待ゴルフがあったりするような職場だったので、
時給換算すれば割に合わない仕事だった。

そして・・・

過労で体調不良になり退職した。
マジでブラックな業界だった。

フィリピン留学

退職後にリーマンショックがあり、
当時タイの製造業は大変な事態に陥っていた。
どこの工場も急な減産で社員を解雇していた。
知り合いで解雇された人もいた。
バンコクの安アパートで日本人が自殺したというニュースがチラホラ出ていた。
その時にオイラは強い危機感を持った。
一生海外で生きていくにはもっともっとスキルを高めないといけないと。
そして下した決断は・・・

フィリピン留学だった。

タイ語はマイナーな言語なので、
タイでしか通用しないし、
海外ビジネスの場で英語の重要性をひしひしと感じていたから当然だった。

でも、残念ながら期待して留学したフィリピン留学一回目は、
ちょっと期待外れ気味に終わり、
その後少しの間を空けて、
2度目のフィリピン留学をするのだった。

そしてその結果・・・

英語力は伸びました。
TOEICの公式問題集を解いてみたら・・・

大体900ぐらい。

実際に受験してもその近辺。

フィリピン留学後

タイで再び職探しをすると・・・

人生が劇的に変わった。

人材紹介会社から優良案件がドンドン紹介される。
かなり高給な案件もある。

※最初に登録した人材会社が酷かったから、
別の人材紹介会社でのこと。
フィリピン留学から海外就職の鉄則!②

オイラは面接は非常に得意で、
学生の頃からほとんど落ちた経験がない。
必ず何かウケるネタを用意して面接に行き、
本命企業から内定をゲットしていた。
それは、海外でも同じで、
面接は楽にパスして・・・

専属運転手付きの身分になった。 ✌

もちろん給料も大幅にアップ。 

ホントに劇的ビフォーアフターだった。

一つ残念だったのは、この会社は面接時に業績好調なフリをしていたけど、
入社してみたら大赤字だった ( ;∀;)
もう悲惨な状態だった。
このままでは会社の存続ガー的なメールが幹部から飛び、
オイラを採用した雇われ社長も引責辞任し、
結局オイラも退職せざるえなくなった。

で、その後はタイ人社長に拾われ・・・

再び給料アップ 

もちろん運転手付き。 

さらに・・・

ゴルフ場のメンバーシップも。

仕事は超らくちん。
ストレスって何ですか???的な生活。

この会社はマジで居心地が良かった。
ホントはもっと高給のフランス企業とかのオファーもあったけど、
仕事がキツイような気がしたので断った。
フランス人って相当変わった人達なので・・・
ちょっとオイラには合わない気がした。

まとめ

フィリピン留学の成果を図るのが、
TOEICスコアだけというのはさみしすぎると思っていた。
ビフォーアフターで収入や待遇がどうなったかのほうが遥かに大事だろう。
オイラもそれなり苦労した時期があって、
悩んだ結果、フィリピン留学に活路も求め、
結果的にその判断は完全に正しかった。
人生は長いので、良い時もあれば不遇な時もある。
その不遇な時にどれだけ頑張れるかで人生は大きく変わる。
オイラの場合は英語力を身につけようと決意し、
フィリピン留学をその場に選んだ。

今不遇な時を過ごしている人がこのブログの読者にいるのか分からんけど、
どこかに活路はあるよ。
今自分が何をすべきかよく考えれば自然と答えは出る。
まあ、人生一度きりなので精一杯頑張れ!
死ぬことは以外はかすり傷だからね。

では、また。

Comment On Facebook