格安フィリピン留学Quooll

フィリピン留学は講師の質が良いマニラ留学がオススメ

フィリピン留学でオススメの講師はヤングかそれとも・・・?

約 6 分

Subscribe / Share

オンライン英会話で人気の講師と言えば、
若くてカワイイ先生が定番。

DMM英会話の人気講師・美人講師・かわいい講師一覧まとめ総合ランキング比較【管理人の独断と偏見】

では、フィリピン留学ではどうだろうか?

まあ、大体似たようなもんですね。
やはり、若くてカワイイ講師は人気です。
カワイイ先生から英語を習えば楽しいのは間違いない。
そんな生徒のニーズを掴もうという学校側の努力なのか、
フィリピンの語学学校のホームページでは、
必ずと言っていいほど・・・

若くてカワイイ女性講師がトップページを飾るのがお約束。

よく言えば、顧客満足を追求しているとも言えるし、
悪く言えば、無節操ともいう人もいるかも。

さて、Quoollにて講師を優秀な講師を探そうとしています。
ここマニラは最も優秀な人材が集まるフィリピンの首都。
ケソンシティはフィリピン大学、アテネオ大学という名門大学を有する学園都市。
そんな恵まれた環境にもかかわらず、
学校の数は少ないので人材獲得競争はセブのように激しくない。
これこそQuoollをマニラに設立した理由なのだが、
最近何人かの面接を実施して、
経営者として深く考えさせらえた。

フィリピン留学はマニラがオススメである7つの理由を一から解説する!

フィリピン留学・学校にとってのオススメ講師とは

学校にとってオススメの講師とは、
要するにどういう講師が学校にとって都合がイイかという問題。
オイラも当初はなるべく若い講師を中心に採用したいと思っていた。
経験豊富で優秀なトレーナーは既に確保済なので、
経験はそんなになくても発音や文法がしっかりした若い講師を教育するつもりだった。
なぜ若い講師かというと、
まずは希望給与がベテランの講師よりは低い。
これは経営者からは大きなメリット。
また、若い講師のほうが経営者としては扱いやすいというのが本音。
フィリピン留学業界に精通した友人も、
経験豊富な講師ほどあれやこれや自己主張して、
なかなか学校の方針に従わなかったりするので、
若い講師を採用するのがオススメと強く主張していた。

では、逆にベテランの講師はどうだろう?

経験豊富なのは間違いないので、
デモレッスンをさせてみても安定のクオリティ。
若い講師が面接に来た場合は、
かなり緊張してぎこちないレッスンだったのに対し、
この道数十年のおばちゃん講師なんて、
どえらい貫禄で落ち着いたもんだった。
でも、そんな経験豊富なおばちゃんは、
かなりプライドが高いのが厄介だ。
到着早々筆記試験を受けるように指示するも、

『ワタシはこの道○○年の経験があって、
○○でヘッドティーチャー〇年して・・・・』

ってな感じで全部は解答しない。
(多忙を理由に一部のみ解答。)

まあ、半端じゃなくプライドが高かった。
正直なところ、こんな50代の超プライドの高いおばちゃんとは、
うまくやっていけそうな気はしなかった。
しかし、デモレッスンをさせてみたら、
やはりベテランだけあって手慣れたものだし、
筆記試験の結果も悪くなかった。
間違えた箇所もケアレスミスだろうなって思わせる間違い。

若い候補者と比較したら・・・

おばちゃんの圧勝。

これは悩ましい問題だ。

フィリピン留学・生徒にとってのオススメ講師

多くの生徒が若くてカワイイ講師の授業を好む傾向がある。
勉強と遊びの比重が半々ぐらいの留学生だと、
カワイイ講師の授業で楽しく英語を学ぶのはオススメだ。

では、本気で英語学びたい真面目な留学生はどうか。
オイラは真面目な留学生だったと自認しているが、
やはりカワイイ講師の授業は楽しかった。
オイラが発音の授業をリクエストしたら、
学校からオススメとして紹介されたのは・・・

プリティ発音トレーナー

確かにかなりプリティだった。

授業は極めてソフトな感じで、
明るく楽しく発音を習っていたけど、
ある時気付いた。

全然上達していないではないか。

ここは泣いて馬謖を切る思いで・・・

 

チェンジ!

次はコテコテのおばちゃん講師の授業を受けてみた。

そしたら・・・

厳しい厳しい鬼のような発音レッスンだった。
今までぬるま湯につかっていたのがよく分かる。
でも、慣れてくると心地よい厳しさ。
鍛えられているのが実感できた。

同じテキストを使って授業を受けても、
こうも違いが出るのかと驚かされた体験であった。

この体験から英語の上達を最優先で考えると、
おばちゃん講師はオススメです。

まとめ

昨日はオススメのオンライン英会話について書いた。
オイラの先生がやってるオンライン英会話です。

オススメのオンライン英会話とは?と言う質問に即答する

怒られるかもしれないが、
昨日紹介したACERSの校長ももうピチピチギャルではありません。
でも、ティーチングスキルはべらぼうに高い。

で、オイラも最近面接をしていて、
おばちゃん候補者のスキルの高さは認めざるを得なかった。

色々悩んではいるのだが、
他校が若い講師ばかり採用するなら・・・

いっその事、熟女ばかりで固めてやろうかと。

オイラの右腕として昨年からずっと許認可手続きをやってくれているのも、
ベテランの英語講師でマネージャー経験者(40代半ば)。
今後もこういう感じの経験豊富なおばちゃんばかり採用したら、
かなりクオリティの高い授業を提供できるのではと思っている。

唯一の問題は・・・

オイラがそのおばちゃん達をちゃんとコントロールできるかだが、
それはなるようになると考えるしかない。

何か問題が起きた時、頼りになるのはおばちゃんでもあるし、
若い講師よりはるかに頼もしいのは間違いない。

Quoollは熟女路線でいくかもしれない。

では、また。

Quoollのプロモ情報:

Promo

ポチッとよろしく。
      にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ              

Comment On Facebook