格安フィリピン留学Quooll

フィリピン留学は講師の質が良いマニラ留学がオススメ

フィリピン留学の目的別オススメ留学期間

約 5 分

Subscribe / Share

フィリピン留学のよくある質問に留学期間がある。
オススメの留学期間ってのは、
その目的やその時点での英語力によって変わってくるので一概には言えない。
なので、今回は目的別オススメ留学期間について書いてみる。

フィリピン留学でビジネスレベルの英語を求める人

要するに、英語を使って仕事をしたい人です。
海外駐在員、海外就職、海外起業と色々分かれるものの、
何れもビジネスの場で英語を使う人達。
当然ながら、お仕事で英語を使う場合は、
日常会話よりも使用する語彙もレベルが高い。
そんなハイレベルの英語力を求めるならば、
留学期間は・・・

6ヶ月

をオススメする。

以下、理由を説明する。

オイラは度々フィリピン留学を繰り返したわけだが、
今思えば、最初の留学期間を6ヵ月程度にしておけば良かったと思う。
色々不満のある学校ではあったが、
半年間みっちり英語漬け生活をしていれば、
オイラの求めるレベルに到達して帰国し、
そう何度もフィリピン留学しなくても良かったのだろうと思う。
最初の留学で、丁度これからって感じのタイミングで帰国し、
それからしばらく英語をそんなに使わない期間を挟んで、
再びフィリピン留学した。
当然ながら、空白期間があるので英語力はかなり落ちていた。
再留学では、落ちたところからの再スタートなので、
最初の1ケ月はリハビリ期間になってしまうのは必然だった。

だからオイラは言いたい。
高いレベルの英語力を求めるならば、
最初から半年で留学して確実に英語力を鍛えるべし。
何でも短期留学を繰り返すよりも効率的なのでオススメする。

バンコクで通ったタイ語学校も、
カリキュラムはモジュール1から6まであって、
毎月モジュールを一つ受講していく。
半年ほど通えばそれなりにタイ語が話せるようになり、
タイで現地採用として仕事をする人も多い。
やはり語学の習得には最低半年は掛かると覚悟しよう。

但し、上記は初心者の場合のオススメ期間です。
既に中級レベルを自称する人は、
少し留学期間を短くしてもいいでしょう。

フィリピン留学で日常会話レベルを求める人

仕事に英語を使うつもりはないけど、
外国人の友達が欲しいとか、
恋人が欲しいとか、
とにかく日常会話さえできるようになればそれでイイという人です。
そんな人達にオススメする留学期間は・・・

3ヶ月

がオススメ。

理由は単純。

オイラが通ったタイ語学校では、
最初の3ヶ月で日常会話レベルのタイ語を習得させてくれた。
3ヶ月タイ語を習ったら、
英語なんて全く通じないタイの地方都市に出掛けても、
普通にタイ語で会話して楽しめた。

まあ、日常会話レベルならどの語学であっても、
だいたい3ヶ月もあれば充分だと思います。

フィリピン留学でトラベル英会話

これからバックパッカーとして世界を旅しようとか、
そんな希望を持ってフィリピン留学している人を見かけます。
実に・・・

羨ましい。

オイラも時間があれば行きたい( ;∀;)

そんな旅行で必要な英語を学びたいなら、
留学期間は・・・

1ヶ月

がオススメ。

観光で使う英語なんて大したレベルではありません。
ホテルのチェックイン・チェックアウトやショッピング、
出入国手続きなどの想定される場面での会話を練習しておくだけです。
1ヶ月もあれば充分すぎます。

目的特化型フィリピン留学

英語力はもう既にかなり高い。
例えば、TOEICで900点ぐらいは取れちゃう人。
でも、そういう人でも何らかの弱点を持っていたりします。
よくあるのが・・・

発音です。

オイラもそうでした。
短期集中で自分の弱点を克服したいと留学する人は・・・

2週間

がオススメ。

理由は特にありません。
そんなに長々と留学しても意味がないでしょう。

お試しフィリピン留学

フィリピン留学ってどうなのよ?
とか、初めてのフィリピン留学でいきなり長期で申し込むのは躊躇しちゃう人もいるはず。
とりあえず1週間留学しちゃえば大体のことは分かるでしょう。
フィリピン留学を気に入れば、
滞在延長するか再留学で長期間滞在すればイイ。

まとめ

オイラの経験からすると、
語学は空白期間を空けずに半年程度みっちり学べばかなり上達します。
(カリキュラムがしっかりした学校でないとダメですが・・・)
短期留学を何度も繰り返すリピーターが多いですが、
短期だと空白期間ができてしまい、
その間に英語力は劣化していまいます。
オイラもそうでした。
もし、時間的経済的に許されるなら、
半年一回勝負で一気に英語力を伸ばすべし!

では、また。

ホームページを充実させるべきというご指摘があり、
カリキュラムについて書き直しました。
Quoollのカリキュラム:

カリキュラム

Comment On Facebook