格安フィリピン留学Quooll

フィリピン留学は講師の質が良いマニラ留学がオススメ

フィリピン留学で講師と親しくなりすぎて起きるトラブルとは・・・

約 6 分

Subscribe / Share

フィリピン人は陽気な人達で付き合いやすい。
そういう印象を持っている人が多いでしょう。
確かに、その通りかもしれません。
但し、タイで10年以上住んでいた経験のある者からすると、
どうしてもタイ人と比較してしまうことがある。
フィリピン留学後にタイで就職した友人が言っていたのは・・・

フィリピン人は金に汚い!

フィリピンに長く滞在して、
フィリピン人の恋人もいた友人の率直な意見でした。
さすがに、現在フィリピンで生活させて頂いている身分で、
露骨にフィリピン人をDisるようなことは控えますが、
友人の言い分に同意したくなるところもある。
日々フィリピン人とやりとりする機会が多い生活で、
とにかくお金が絡む話になると・・・

心底ウンザリさせられることが多い。

時々強烈な嫌悪感を持つこともある。
彼らのお金に対する執着心はタイ人よりも露骨。
そんなフィリピンに留学して、
普通に英語を勉強して帰国するだけなら何の問題も起きません。
きっと素敵な思い出になるでしょう。
但し、フィリピン人講師と親しくなりすぎると、
ある一定割合でトラブルになることがあります。

もちろん、それはお金にまつわること。

事例1:学校設立の誘い

フィリピン留学中にフィリピン人講師と親しくなって、
彼らと一緒に過ごす時間が多くなってくると、
身の上話を聞かされることもあるだろう。
ピュアな心を持った生徒はすぐに感情移入してしまいます。
こんなに真面目で優秀な講師が丸一日一生懸命働いて、
支払われる給料が少なすぎて可哀そうってのが典型パターン。
そりゃ、先進国の日本人からすれば薄給には違いないけど、
発展途上国の水準からすればそこそこ恵まれた給料だったりするのにだ。
少し同情するぐらいなら大した問題にはなりませんが、
ちょっと情熱的な生徒の場合は厄介です。

何とかしてあげたい( ;∀;)

なんてことを真剣に考えてしまいます。
その結果・・・

よし、学校設立しよう!

なんてことになる。
そして、かなりの金額をフィリピン人講師に与え、
開校を目指すも・・・

いつになっても開校できず。
そして・・・


優秀な講師が優秀な経営者になれると思ったら大間違いなんだけど、
世間知らずでピュアな人だと信じ込んでしまう。
これだけ優秀で情熱のある講師だときっと良い学校になるはずと・・・

出資したお金は絶対に戻ってきません。
当のフィリピン人はケロッとしていたりします。

これはホントにあった実話。

事例2:学校設立の誘いその2

これも同様のケースの実話。
唯一違うのは・・・

実際に開校したという点だけ。
日本人生徒がお金を出資して学校は開校するものの・・・

短期間でクローズ。

理由は・・・

マネジメントが酷くてクレームだらけだったとか。
自分がかつて教えた生徒とはFacebookで繋がっていたりするので、
新たに学校を設立したとなると、
過去の生徒が再び生徒として来てくれたそうだが、
みんな激怒したとかいうウワサ。
これは友人から聞かされた話なのであまり詳しくないのだが、
開校して速攻でクローズしたらしい。

もちろん、出資したお金は戻ってこない。
この手の話はよくあるみたいです。
先生と意気投合で一緒に学校やろうってのは、
大体うまくいきません。

事例3:投資話

もうかなり古い友人でもあるフィリピン人講師からFacebook経由でメッセージ。
最初は世間話だが次第に本題に移る。

ビジネスしたいから出資してくれない?

この手の話も非常に多い。
フィリピン人からしたら普通の日本人でもお金持ちなのです。
上昇志向の強いフィリピン人は常に成り上がるチャンスをうかがっている。
いつかは何かビジネスを立ち上げて成功したいというフィリピン人は、
ホントに多いです。
留学中でも講師の将来の夢を聞かされることがありました。
まあ、大抵夢のままで実現しないのだけど。

先日ある元フィリピン留学生と会った時、
彼も以前に投資を持ちかけられたと言っていた。
少しお金に余裕のある社会人だと投資話を持ち掛けられる可能性はグッと上がるのだ。
それからしばらく経ったある日。
彼に以前投資を持ちかけたフィリピン人講師とFacebook経由でやりとりしていると、

一緒にビジネスやらない?

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
オイラにも投資話が(笑)
これがよく練られた妙案なら聞く価値もあるが、
速攻で却下したくなるようなクソ提案だった。

▼これが彼女のビジネス提案。
アナタが日本から中古品を仕入れてくれたら、
私がオンラインで簡単に売ってみせるわ。

当然ながら、中古品を仕入れてフィリピンに輸送するにはコストが発生します。
完全にオイラのお金をあてにしているのは明らか。
でも、すっとぼけたフリして聞いてみた。

『ビジネススタートするための資金はあるの?』

それに対する答えには吹いたwww

『お金なんてそんなに必要ないわよ、
ジョリビーはアイスクリームショップからスタートし、
SMは小さな靴屋としてスタートしたのよ。』

その時のオイラはこんな感じ。

で、そんなにビジネスがいとも簡単なように言うのなら・・・

『どうそ、御一人でなさってくださいね~』

って返事してこの投資話は終わった。

笑えるのは、この中古品ビジネスを持ち出す数分前には・・・

レストランやりたい!
って言ってたのだ。
単なる思い付きレベルで日本人のお金を引きだして、
一攫千金してやろうという安易な発想に・・・

かなり嫌悪感と幻滅感。

これ長年の友人なのよね。
その長い友人に対して安易な思い付きで多額のお金を出資させようする態度に、
一体こいつは何なのだろうと理解不能。
友人だと思っているのはこちらだけなのかも。
タイで10年以上住んでたけど、
こういう嫌な気分を味わったことは一度もなく、
かなり後味が悪い思いをした。

まとめ

事例の1と2は実際に被害が出た話。
こういうのは、表に出ていないだけでたくさんあるのかもしれない。
学校を設立するとなると、被害額はそれなりに高額。

事例3は相手にしなかったので被害ゼロ。
オイラも友人もそんなにおバカではないので、
まともに相手にしませんでした。

こういうトラブルは留学中ではなく。
留学後しばらくしてから起きる。
留学中は講師と生徒という立場なので、
さすがに投資話を持ち掛けたりは自重します。
でも、留学中に親しくなってSNSで繋がり、
その後も定期的にやりとりしていると、
こういう投資話が持ち掛けられる可能性はあります。

こういうこと書くと誤解する人もいるかもしれないので断っておくけど、
フィリピン人講師全部がこういう感じではないですよ。
あくまで、ある一定割合でこういう奴はいるという話です。
その比率はよく分かりません。
でも、留学後も長くフィリピンと関わっていると、
一度ぐらいは投資を持ちかけられるのではないだろうか。

とにかく、フィリピン人からの投資話には乗らないようにしましょう。

では、また。

Comment On Facebook