格安フィリピン留学Quooll

フィリピン留学は講師の質が良いマニラ留学がオススメ

知らなきゃ損!フィリピン留学料金のカラクリ(格安校はなぜ格安なのか?)

約 5 分

まずは御礼から。
昨日のアクセス数が、大幅にアップしていました。
理由はよくわからないのですが、とにかくうれしい。 ランラン♪. ♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪ランラン
短期目標として1ヶ月以内には達成したかったPVを半月ちょっとで達成できました。
アクセス解析を見る昨夜のオイラはこんな感じでした。
↓スクロール

 

 

 

アクセス解析で訪問者をみると、リピーターが50%ぐらい。
固定読者がついてきたみたいです。
ブログ立ち上げ当初は、アクセスがほとんどフィリピン国内からだったので、
『何だよ!ブログ見てるの同業者だろ。』
なんて悪態ついてましたが、
今は圧倒的に日本からのアクセス数が多い。
何よりうれしいのは、熊本、高知、福井、新潟、青森、北海道等の地方都市からのアクセス。
そう、貴方のことですよ、ア・ナ・タ♥
まあ、関東圏のアクセスが多いのは間違いないのだけど、
都会からのアクセスだと“同業者”の可能性もあるので・・・
いずれにせよ、いつもご愛読ありがとうございます。
これからもアホなこと一杯書きますのでヨロシク。

さて、本題に入ります。
格安校はなぜ格安なのか?

フィリピン留学の格安校って???

格安校とは、よく広告とかで見かけるのは、
毎日3食付きで10万円台前半/4週間で留学可能ってやつ。
10万円台といっても、10万円と15万円では1.5倍も差があるけど、
その差が出る理由も後で書きます。

フィリピン留学の超格安校って???

毎日3食・洗濯サービス有で、10万円ぐらいの学校があります。
当然ながら、部屋は個室じゃない。
それでも、かなり良心的な価格です。
格安校の中でも、超がつく格安校です。
このタイプの学校の特徴を例示します。

①宿舎がシェアハウス

大きな民家を借りて、改装で部屋数をとにかく多くする。
無理して部屋数を増やしているので、レイアウトが変な部屋とか、
窓がない部屋、何でこんな所に水道の蛇口が???的な部屋もあります。
オイラも経験しましたが、安いので文句は言えません。
基本的に汚いと思ったほうがいい。
ゴキブリやアリ、最悪な場合はネズミも出る。
そういうのも含めて、格安なのです(笑)

②宿舎が校舎を兼ねてる

宿舎の外に校舎がある学校と異なり、寝泊まりする宿舎でそのままレッスンを受けます。
つまり、別に校舎を持たない分、コストが安くすみます。

③食事はイマイチ

格安校なので、食材にそんなにコストを掛けられません。
オイラの経験でも、食事はおいしくなかったです。
時々、野菜の炒め物ばかりで、
『あれ、お肉はどこ?』って感じの日もありました。
まあ、コストを切り詰めているのでしょう。

④直接申込

超格安でやっている学校は、留学エージェントを介さずに生徒からの直接申込のみ受け付けます。
留学エージェントからの紹介の場合、高~い手数料を学校は支払わなければなりません。
それをすると、超格安では採算が合わなくなるので、
直接申込にしているわけです。

⑤オーナーは単独(共同オーナーはいない)

この点を指摘している人は今まで見たことがありませんが、
重要なポイントなんです。
格安校の規模は基本的に小規模が多いです。
小規模校の目安は、最大受け入れキャパが50人未満の学校です。
最大で50人なんで、春休みや夏休みの繁忙期以外はかなり空室が出ます。
そんな小規模の学校に複数の日本人オーナーがいたら、
当然その分料金は高くなります。
そりゃ、小さな小さな学校の収益で複数の日本人の生活を支えようと思えば、
料金高くするしかないですよね。
同等のサービス水準であっても、オーナーが一人であるか複数であるかで料金に差が出る。
つまり、オーナーが単独である学校の方がお得♥
オイラもかなり細かな原価計算しながらQuoollの料金プランを検討してみたけど、
仮に友人と共同でやってたら今の案より大幅に高くしなければ収支が合わない。

大雑把に格安校の特徴を列挙してみました。
同じようなスタイルの学校でも、料金に差がでるのは④⑤あたりがポイントですね。
シェアハウス形式なのに、超格安校より数万円高い場合はエージェントを使っている場合もある。
で、⑤の共同オーナーが複数いる学校について補足すると、
何でこんなに高いんだろう感じた学校はだいたいこのパターン。
3食付かない、別にプールやフィットネスジムとかの設備が充実しているわけでもない、
コースの中にグループレッスンが含まれているのに料金は高い。

では、また。

Quoollのお得なプロモ:

Promo

これ読んで、面白かったとか参考になったって人はクリックをよろしくお願いします。クリック数を参考に記事を書きます。
    にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ
フィリピンランキング   にほんブログ村

Comment On Facebook