格安フィリピン留学Quooll

フィリピン留学は講師の質が良いマニラ留学がオススメ

フィリピン留学でこんな授業はいらない!②~リスニング~

約 7 分

Subscribe / Share

昨日に続き、フィリピン留学中に受けた時間のムダに思えた授業の話です。

まだ、コチラを読んでいない方は先にコチラをどうぞ。

フィリピン留学で時間のムダだった授業その2

さて、今回も単刀直入にズバリ言っちゃいます。
時間のムダだった授業は、

 

リスニング

フィリピンに限らず、多くの英会話スクールで行われているリスニング授業。
オイラは、このリスニング授業に対してかなり否定的です。
ネイティブの音声が入ったファイルやDVDを再生して、
それを聞き取る授業です。

では、オイラが実際に受けたリスニングの授業とは・・・

フィリピン留学中に受けたリスニング授業

語学の習得は、ゼロからスタートの場合は日に日に上達していきますが、
ある程度話せるレベルまでくると成長スピードが緩やかになってきます。
成長スピードが鈍化してくると、生徒はストレスを感じたりします。
以前ほど日に日に上達しているという充実感が味わえなくなってしまったからです。
ホントは、こういう状況で苦しむことこそが成長した証で、
上級者へと近づいていると理解すべきなのです。
が、よくあるパターンは、それまでコツコツとスピーキングの授業を受けてたのに、
急に目新しい何かを求めて変な方向へ向かってしまう。
そこでよく出てくるのが、

リスニング授業だったりします。

オイラもそうでした。
別にオイラが希望したわけではないけど、
勧められたので受けてみただけです。
では、実際の授業はこんな感じでした。

ティーチャー『準備はOK? 再生するよ。』

オイラ『いいよ。』

ネイティブの音声が流れる。

ティーチャー(停止ボタンポチッ)『どうだった?』

オイラ『う~ん、半分ぐらいは理解できたけど・・・』

ティーチャー『じゃあ、もう一回聞いてみよう。』

さっきと同じ音声

ティーチャー(停止ボタンポチッ)『どう?』

オイラ『ちょっとスピードが早くて追いつけなかった。』

で、ここで答えを見せてもらいます。
音声ファイルでネイティブが早口で話していた内容を文章で見ておしまい。
また、次の問題です。
基本的にはこれを繰り返すだけだった。

授業が終わってふと気づいた。

ティーチャーはただ再生と停止を押すだけだった(笑)

要するに、これ自分で出来ることなんだ。
わざわざフィリピンまで何十万円も払ってやって来て、
再生と停止を押してもらうなんて馬鹿げていると思って、
もうそれ以来リスニング授業は・・・
↓スクロール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このリスニング授業だけでリスニング授業はいらないと断定するのは、
ちょっと乱暴すぎる議論かもしれません。
では、他の言語のリスニング授業ってどうなのか書きます。

タイ語学校のリスニング授業

 

いきなり結論からいきます。
↓スクロール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オイラは複数のタイ語学校へ通った経験がありますが、
リスニング授業なんてありませんでした。
生徒にDVD見せたりなんて授業もありません。
それでは、タイ語が聞き取るのが簡単かと言えば、
そうでもない。
発音も結構難しい言語です。
オイラは一切リスニングの授業なんて受けたこともないけど、
タイ人の会社でたった一人の外国人社員として働き、
毎日社長や部下とタイ語で会話してました。
会議も全部タイ語でした。
リスニング授業なんて受けなくてもちゃんと聞き取れるんです。

理由は簡単です。
タイ語学校の先生はタイ語でタイ語を教えます
毎日色んな表現パターンをタイ語で説明してくれました。
その先生の話を集中して聞いていれば、
自然と聞き取る力はついていきました。
教わって、自分で話せるようになった表現については、
他者が話すことも聞き取れます。

タイ語だけだと、タイ語は特殊なんだとか言われそうなので、
念のために中国語についても調べておきました。

中国語学校のリスニング授業

わざわざ中国語の達人である友人に確認してみました。
彼が中国語を学んだときのリスニング授業について尋ねると、
その答えは・・・
↓スクロール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイ語と同様でした。
中国語で中国語を習うので、それがリスニングの授業を兼ねている。
それが彼の答えでした。

なぜ英語だけリスニング授業が必要なの?

それは、英会話が大きなビジネスとなっているからだと思う。
街には英会話スクールが至る所にあり、
本屋に行けば英会話本コーナーにたくさんの書籍が並ぶ。
最近は、オンラインスクールもたくさんある。
オイラみたいに、リスニング授業なんて不要と言っちゃえば、
商売にならないでしょ。
学校からしたら、生徒にたくさん授業を受けてもらった方が儲かるし、
書籍ビジネスも様々なタイプの本を出して売らないといけない。
ビジネスのためにレパートリーを増やす、
売り物を増やすのが手っ取り早い。

英語が聞き取れない理由は?

英語がうまく聞き取れないと悩む人もいるかもしれません。
リスニング授業不要と言うなら、
じゃあその解決策は???となります。

英語が聞き取れない最大の理由は、

 

ボキャブラリー(語彙)

だと思います。
オイラがそうでした。

実は、まだ20代の頃、CD付の英会話本を買って勉強しようとしたことがあります。
必死にCDを聴いていましたが・・・

ってな感じでした。
全然聞き取れなかった。
で、すぐに挫折してしまいました。

それから年月が流れ、フィリピン留学をしました。
留学期間中にオイラは異常なまでにストイックにDUO(有名な単語本)に没頭しました。
授業時間以外は、DUOで単語を覚えるか付属の音声を聴いていました。

ある日のことです。
パソコンの中にある音声ファイルを見つけました。
そうです、かつて全く聞き取れずに挫折したものです。
再生してみると・・・

あら不思議、完全に聞き取れる

つーか、何て聞き取りやすいんだって感じ。
再生スピードが遅く感じるほどだった。

これは衝撃的な体験だった。
知らないうちにリスニング能力が大幅に伸びていた。
その時に気づいた。
以前に聞き取れなかったのは、

ボキャブラリーが圧倒的に不足していたから。

知らない単語は、どんなに一生懸命に集中して聞いたところで、
全然ダメなのだ。
何回聞いてもムダ。
まずは、語彙力増強からだね。

結論

フィリピン留学でリスニング授業はいらない。
そんなことに時間を費やすならもっと他のことに時間を回したほうがいいと思います。
留学期間は限られています。
限られた時間を有効に使えるかで留学の成否が決まります。
あと、オイラはリスニング授業が不要と言っているのであって、
CD等の音声を聞くこと自体を否定しているのではありませんからね。
再生と停止を押すだけなら自分で出来ちゃうから、
フィリピンまで来てする必要はないと言っているのです。

では、また。

Quoollのお得なプロモ:

Promo

これ読んで、面白かったとか参考になったって人はクリックをよろしくお願いします。クリック数を参考に記事を書きます。
    にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ
フィリピンランキング   にほんブログ村

Comment On Facebook