格安フィリピン留学Quooll

フィリピン留学は講師の質が良いマニラ留学がオススメ

知らなきゃヤバイ!フィリピン留学中の散髪マニュアル

約 6 分

昨日散髪してきました。

マニラの中心地から少しはずれているエリアなので、
通常は100ペソ以内のBarberがほとんどなのに、
ココは280ペソ。

清潔感があって、ローカルなエリアの理髪店にしては、
内装もそこそこGood。

オイラはあまり髪型なんて気にしないタイプなのに、
何でわざわざ料金が高い店を選ぶのかと言うと、
過去の衝撃的な出来事があったからだ。

フィリピン留学中初めての散髪での衝撃的な出来事

オイラが初めてフィリピン留学したとき、
学校から一番近い床屋に何も考えずに入った。
そして、下手な英語と身振り手振りで何とかオーダーすると、
フィリピン人の床屋のオヤジは遠慮なくジャンジャン切っていく。
そして仕上がり具合は・・・

 

 

 

ホンマに🍍みたいになったもうた(笑)
お会計は60ペソだったと思う。
日本人的なセンスでは許せないレベルのヘアースタイルだけど、
60ペソなんで・・・

まあ、仕方ないね。
この金額の支払いで文句言う奴はキチガイです。
髪はどうせすぐ伸びてくるから、我慢我慢。

で、こんな衝撃的な経験はオイラだけかと思ったが・・・

ところがどっこい、
検索すればジャンジャン出てくる、

パイナップルヘアー経験談。

ひょっとして、パイナップルヘアーは
フィリピンでは伝統的な髪型なのか???

これから長期のフィリピン留学をしますって人は、
絶対に現地での散髪は欠かせません。
どんだけ伸び放題でも気にしないって人は、
無理にフィリピンで散髪しなくてもいいけどね。
でも、せっかく英語を勉強するわけだから、
英語で簡単な散髪のオーダーぐらい出来たらいいと思う。
是非トライしてみよう。

フィリピン留学中の散髪マニュアル

フィリピンでの散髪なので、
極めてシンプルな表現に限ります。
Barberの店員もそんなに英語が上手でないことが予想されます。
分かりやすいシンプルな表現でないと、
店員が分かったフリをする可能性が大です。
分かったフリしてジャンジャン切られてしまうと、
🍍にされてしまう恐れもありますからね。

受付

オイラが今回散髪した店では、
女性の受付がいます。
まずは、その女性とやりとりします。
お店に入ればよく聞くフレーズは、

How can I help you?
(いらっしゃいませ、ご用件は?)

ですね。

それに対しては、こう答える。

Just a haircut, please.

一番シンプルで伝わる表現ですね。

もっと丁寧に言うなら、

I’d like to have my hair cut.

ですが、前者のシンプルな表現でOKでしょう。

シャンプーもして欲しければ、

I’d like a cut and shampoo.

って言えばいいでしょう。

それだけ伝えると、中へ案内してくれます。

髪型のオーダー

次は具体的なオーダーです。
初めての散髪で不安な場合は、
とりあえず初回は様子見で少しだけ切りましょう。

Just a trim, please.

Just trim the ends, please.

毛先を少し切ってもらうだけの便利なフレーズです。
これで、問題なければ次回にもっとチャレンジしてもいいでしょう。

髪型にこだわりが強い人で、
細かな要望が伝わるか心配な場合には、

I’d like my hair cut just like in this picture.

Cut my hair like this, please.

スマホで写真を見せながら、
この写真と同じようにしてくださいとお願いします。
どっちでも通じるでしょう。

ちなみに、ツーブロックにしたい場合は、

I’d like an Undercut, like in this picture.

スマホを見せながら上記フレーズを言えば、
写真のようなアンダーカットお願いしますって感じで便利。
ツーブロックでは通じません。
アンダーカットと言いましょう。
今回のオイラはアンダーカットにしました。

フィリピンで写真を見せて髪を切ってもらったこともあるけど、
仕上がりは全然違うということはよくあるのでご注意。

では、いきなりバッサリ短く切っちゃう場合は、

I’d like to have it cut short, please.

すると、店員は具体的な長さを確認してくるでしょう。

その場合は、インチで長さを指定するか、
(1 inch=2.54 cm)

指さして、up to here って感じでも伝わる。

面倒なら最初から、

Could you cut it about ● inch shorter?

って言えばいい。

もし、散髪中にこのままじゃ🍍にされそうなキケンを察知したら、
すぐにこのフレーズを使って下さい。

Don’t cut it too short, please.

パイナップルヘアー防止の重要フレーズです。
切りすぎないでねって、少し注意してあげましょう。

カットが終わると、

How do you like it?

いかがですか?と仕上がりについて確認されます。

満足なら、

It looks great, thank you.

でおしまいです。

まとめ

そんなに難しくはないので、
是非ここのフレーズを試してみてもらいたい。
でも、せっかくフィリピンで散髪するなら、
一度ぐらいフィリピン名物のパイナップルヘアーを経験してもいいのでは。
100ペソ以下の大衆店に行けば、
🍍にしてもらえる可能性が高まるようです。
オイラが最近通っている280ペソの店では、
まだ🍍にされたことはないです。
今のところは・・・

では、また。

これ読んで参考になった方は、クリックをよろしくお願いします。
    にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ
フィリピンランキング   にほんブログ村

Comment On Facebook