格安フィリピン留学Quooll

フィリピン留学は講師の質が良いマニラ留学がオススメ

【激ヤバ】タイで発生した大洪水の強烈すぎる秘蔵写真を公開するぞ!

約 5 分

Subscribe / Share

2011年にタイで発生した大洪水を覚えているだろうか?
当時は日本でも大ニューズになっていたと記憶する。
その時のオイラが何をしていたかと言うと・・・

あのど真ん中にいた。

当時働いていた会社は完全に水没した。
しかも、他社は水没前に社員を安全のために避難させていたのと対照的に、
水没するまで会社の2階に留まっていたのだ。
ちょっとヤンチャでイケイケ傾向のある会社だったので(笑)

水没後に工業団地の救命ゴムボートで真っ暗闇の中を脱出したのをよく覚えている。
水没後も社命で水没した工場へ突入したりと、
今ではいい思い出となったが、
当時は笑えない経験をたっぷりした。
そんな当時の秘蔵写真を公開することにする。

その前にちょっと復習しておこう。

タイの大洪水とは?

タイ洪水(2011年)

タイ洪水(2011年)は、2011年のモンスーン期にタイで起こった洪水。チャオプラヤー川流域で甚大な被害を出し、メコン川周辺でも洪水が発生した。7月から始まり3か月以上続いた洪水は、2011年11月5日の時点で446人が死亡し230万人が影響を受けたと見られ、また被害総額は1567億バーツ(4,000億円弱)と想定されている。600万ヘクタール以上が浸水し、うち30万ヘクタールは農地であった。北部のチエンマイ県から、チャオプラヤー川流域の支流に存在する中部のバンコクまで、58の県に浸水が及んだ。この洪水は、「流出した水量と、影響を受けた人数に関して最悪の洪水」であると言われている。7つの主要な工業団地も最大で3m程度浸水し、それが40日程度続くと考えられている[1]。 世界銀行の推計では、自然災害による経済損失額の大きさでは、東日本大震災、阪神大震災、ハリケーン・カトリーナに次ぐ史上4位である(2011年現在)。

Wikipedia

アユタヤの遺跡も・・・

当時の様子がわかる動画

水没前の工業団地の様子

工業団地内の川の水量はマックス状態。

重機で川の周囲をかさ上げして洪水に備えていた。

水没後の屋外写真

工場が水没するギリギリまで土嚢を積んだりと、
最後の最後まで出来得る限りの対策を施したが・・・
大自然の力の前には全く効果がなかった。

水没後の工場写真

見るも無残な状態になり果てた工場。

まとめ

当時はとにかく色々と苦労もあったけど、
今となっては全てがいい思い出になってしまった。
普通に生活していたら経験できないような修羅場に遭遇し、
こうしてブログのネタにもなってくれた。
タイで10年生活したけど、
この洪水以外にもクーデターや赤服軍団のバンコク占拠とか、
日本ではあり得ないようなことが次々と起き、
とにかく刺激的な10年だった。
でも、もうそろそろ平穏に暮らしたいと思う今日この頃です。

では、また。

【秘蔵写真】タイで発生した大洪水の被害が凄まじかった・・・


ついでにポチッとよろしく。
      にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ              

Comment On Facebook