格安フィリピン留学Quooll

フィリピン留学は講師の質が良いマニラ留学がオススメ

クバオからバスに乗って初めてのターラック!!着いたらド田舎だったwww

約 6 分

Subscribe / Share

先日、ターラックからQuoollまで使者がやって来た。

ターラックからの使者にTESDA取得方法をズバリ解説した!!

ある日突然見知らぬ人からTESDA取得について教えてと頼まれ、
TESDAについて知っている事をほとんど伝授し、
さらに・・・

ある特定の層をターゲットにした学校のブランディングや、
どのようなカリキュラムにして、
どのようなサービスを提供すべきか等、
自分の中で持っていたアイデアをそのままさらけだして、

『この通りやれば必ず成功する!』

と、お節介野郎になってしまった。

でも、冷静になって考えると・・・

オイラは現地に一度も行ったことないし、
どんな周辺環境かも全く知らない。
いくらなんでも、他人様がビジネスをスタートするのにダメ出しして、
自分のビジネスアイデアを押し付けるのは・・・

無礼千万

ですよね。

ターラックの使者からは、
あの訪問以来Lineで時々連絡があり、
色々やりとりしていたけど・・・

一度現地に行ってみることにした。

そもそもターラックって?

日本で生活している人には、
あまり馴染みのない地名ですね。
一応、Wikipediaで確認しておきます。

タルラック州(Province of Tarlac)は、フィリピン北部ルソン島にある州で、中部ルソン地方(Central Luzon, Region III)に属している。州都はタルラック。面積は3,053.4km2、人口は1,068,783人(2000年)。
Wikipedia

ターラックなのかタルラックなのか、
どちらの表記が正しいのかはよく分かりません。

ターラックの位置はこちら
マニラから車で3時間程北上すれば着きます。

ターラックの学校と言えばCNE1とMMBS

ターラックという地名を聞いて真っ先に出てくる名前は・・・

CNE1

このCNE1は評判の良い学校です。
オイラも実は・・・

ここへ留学したかった。
でも、日程的に合わず断念したので・・・
色々思い入れがある。
フィリピンに数多くの学校がある中、
どうしようもないクソみたい学校があります。
そして、そのようなネガティブな情報はどんどん口コミでオイラに入ってきます。
残念ながら、一般の人はそういう情報にアクセスする機会が少なく、
唯一『フィリピン留学ラジオ』だけが奮闘している状況。
CNE1については、ネガティブな評判を耳にしたことがないとだけ言っておきます。
まあ、Quoollが他校をヨイショするのは変ですが(笑)
事実なので正直に書きたいだけです。

もう一校はMMBSです。
ここは韓国資本の学校。
この学校への評価はフィリピン留学ラジオで書かれていることそのままです。
この学校をよく知る人から聞いた評判も、
完全に一致する内容でした。
とにかく、日本人マネージャーが非常に優秀との評判でした。

マニラからターラックまでの行き方

まずはここへ行ってバスに乗ろう。
ファイブスターバスターミナルです。

バスターミナルのバスには行き先が書いてますので、
Tarlacと書いたバスに乗ればいいだけ。

簡単そうに書いたけど・・・

オイラは今回チョット苦労した。
朝5時に起きて、
朝マックして、
6時半にはバスターミナルに行ったけど・・・

全然Tarlac行きのバスがない。
ずっと待ってたけど・・・

我慢できずにTarlacを通過しそうなバスに乗って途中下車しようと試みた。
が、バスが走り出してから無情な宣告が待っていた。

Tarlacでは下車できないよーん。

Marquee Mallで降りて乗り換えろと言われてしまう。
一応、オイラは近くのフィリピン人に確認したんだ。
『このバスターラックに行くよね?』
って・・・

YESって言われたもんで安心して乗ったのだ。

その後も大変。

乗り換えの時も、

『このバスはターラックに行くよね?』

って乗客に聞いたらNoと言われ、
そんなはずはないと疑って車掌に聞いたら・・・

『行くよ。』

フィリピン人のいい加減さに疲れるわ(-_-;)

そんなこんなでターラックにまでやって来た。

ターラックでおもてなしされた

ターラックからの使者とは面識もあったけど、
オーナーとは一度も面識がなかった。
会社のホームページを見ると・・・

超ド迫力の凄味ある写真がそこにあった。

完全に貫禄負けです。

正直なところ、ちょっとビビり気味だったけど、
到着早々笑顔でお出迎えしてくれた。
フィリピン人の奥様も素敵な人でした。

そして、そこからおもてなしが始まった。

広々とした敷地内の一角のスペースでまずはお茶。

お茶を飲んだら・・・

すぐランチが提供され、

マンゴー、

再びお茶、

コーヒー、

ココナッツのお菓子、

マンゴジュース、

といった感じでエンドレスに色々出てくる。

『ビール🍺』って言ったら出ただろうね。
時間が早かったから言わなかったけど。

おもてなしをされながらも、
オイラはフィリピン留学業界のことやWebマーケティングについて色々話した。
およそ3時間ぐらいだった。
で、驚いたのは・・・

オーナーがこのブログを見ていたようだ。

しまった(-_-;)

先日失礼なことを書いてしまった。
でも、もう手遅れだ。
サーセンm(__)m

でも、オイラの滞在中は終始にこやかでもてなしてくれ、
非常に楽しいひと時を過ごすことが出来た。

さらに・・・

帰りはクラークまで車で送ってくれた\(^o^)/
完全に無計画状態でターラックまで行ったけど、
これでクラークで一泊することになった。

今回の報酬

前回のTESDA取得方法を伝授した時も報酬を頂きました。
さて今回は・・・


またまたお米で頂きました。

まとめ

ターラックって写真で見た通りののどかな田舎町で、
だだっ広い田園風景が広がる素敵なところです。
普段は都会暮らしをしているので、
たまにこういう田舎町に来ると癒されますね。
都会嫌いの人には留学先としてもいいかも。
今度ターラックに来るときは・・・

たぶんゴルフだな。

オーナーがよくゴルフをしているらしく、
その話を聞いていて無性にゴルフがしたくなった。

では、また。

Comment On Facebook